子供が居るからと言って女性でいる事は諦めたくない、と私は常ずね思っているのですが、独身でいる時から美容関係に対する関心が強く、毎月ネイルや美容院に足しげく通っていました。

しかし子供が生まれるとやはり自分の時間が中々持てなくなってしまって、気がついたら薄毛や育毛について相談できる場所自体が無く成っていたんですね。

薄毛の対策をヘッドスパで

しかし、最近では育児に余り積極的でなかった旦那にも育児の協力を求めて少し自分の時間が持てる様に成りました、最初は旦那も毎日俺が働いて言るんだから、といわれましたが、やはり二人の子供ですし。

最初はしかしそんな事も言えなかったのですが、ある日姑の処に遊びに行った時に私の薄毛に気がついた姑がちゃんと私が休めているのか気にかけてくれて...それからは旦那にも姑が言ってくれたのか、積極的に育児を手伝ってくれる様に成りました。

それからは時々自分の時間が出来た時を見計らって月に一度は美容院に行くようにしています。

最近の美容院では育毛の話題が上がる事も多いらしくて、美容師もアドバイスをくれたり、又何よりヘッドスパをしてもらえる事が何よりも嬉しいです。

私の様に産後の薄毛に悩む人もムゲン2323で、男性から若いうちに育毛ケアをしたいと思っている人もヘッドスパを一度試してみることをお勧めします。

髪の毛のコシが無くなってくる悩みは女性に多いと思いますが、髪にボリュームがなくなってきます。

そうなってくると髪型も思う様にセット出来なくなります。

それが原因で実際よりも老けて見られる事もあるはずです。

髪の毛にコシがなくなってきた


そんな皆さんにお勧めしたい事があります。

髪をカットする時にはグラデーションカットで、下の部分はレイヤーを入れてもらいましょう。

仮にパーマをしたいのなら髪の毛へハリを出してくれるデジタルパーマが良いですよ。


ここでの要点は「フォワード・リバース」を用いたミックス巻きをして、髪にボリュームを出します。

襟足の部分は坂巻をしてハネさせる事で、毛先を遊ばせる事が可能です。

セットの仕方は、トップ部分の髪の根本を手で掴んで、ドライヤーをかけます。

するとボリュームがなかったトップ部分をふんわりさせる事が出来るのです。


アレンジしたいなら、若く見せる為のクリップを付けてみましょう。

直ぐに出来てキュート感を出せるのでグッドですよ。

ですがやり方によっては自宅にいる様な感じになるので気を付けて。


ここでのポイントは、トップを逆毛にする事。

トップが潰れてしまえば逆にコシがない事が浮き立ってしまうのです。

逆毛を立て耳上の髪の毛を掴み、トップのフワっと感が潰れない様にねじる事です。

そこへクリップを付けてあげたら出来上がり。

ぜひぜひ育毛剤でTRYしてみてください。